畑のコウボパン タロー屋@北浦和(埼玉)


JR・京浜東北線の北浦和駅で下車。
クイーンズ伊勢丹前(駅から2分くらい歩くかな)からでている
東武バス(さいたま市立病院行き)に乗り、木崎中学校で下車。
下車したら来た道を戻る感じに歩いていくと中学校が見えていくのであとは道なりに。
(といっても、少し迷うかもですが住所の番地を頼りに歩いていくとあります(笑)

タロー屋タロー屋

おもに直菜園の季節の素材から起こす酵母と、国産小麦、そして塩と水で作るというタロー屋。
私が伺った日は、ちょうどタローさんが不在だったのでHPの言葉を借りると・・・
主な原材料は下記の通り。
●国産小麦(はるゆたか100、はるゆたかブレンド、TYPE ERなど)
●全粒粉(石臼挽きはるゆたか全粒粉など)
●ライ麦粉
●自家菜園の野菜、果物、花から起こす、季節の自家製酵母
(素材によっては市販の有機、特別栽培品等、なるべく上質なものを使用)
●自家菜園の野菜、果物
(素材によっては市販の有機、特別栽培品等、なるべく上質なものを使用)
●ミネラル塩(海の精、ゲラントの塩、シママースなど)
●糖類(オーガニックシュガー、きび砂糖、洗双糖、ハチミツ)
●オーガニックのレーズン、クルミ、ごまなど(仕入れ困難な場合はなるべく上質なものを使用)
●オリーブ油など、植物油
●浄水

タロー屋
こちらは金柑(手前)とレモン(奥)の酵母↑
この瓶を見ているだけで、なんだか癒されてしまうから不思議(笑)

タロー屋
レモン酵母のノア・レザン
1ホール、1/2ホール、1/4ホールで販売されています。
原材料は、はるゆたかブレンド、石臼びきはるゆたか全粒粉、自家製レモン酵母、
有機レーズン、胡桃、ミネラル塩なのだそう。
値札に原材料が書かれていて安心だし、タローさんのこだわりを感じますね。
実は、こちらのパンを購入してから外出が続き、実際に食べることができたので2日後だったのですが、
リトーストしなくても美味しいんです。酵母がレモンと言われなければ分からないくらい
レモンはそれほど感じませんでしたが、逆に粉の旨みをぐぐっと引き出してくれている感じで。
このパンは何もつけずに少しづつ食べたいなと感じさせてくれました。

タロー屋
すりつぶしいちご酵母の白パン
最近、タロー屋さんの中で人気だというイチゴ酵母で作った白パン。
原材料は、はるゆたかブレンド、自家製いちご酵母、有機砂糖、ミネラル塩。
白パン=ふんわり~というイメージがありますが、それとは違い良い意味の重みを感じます。
こちらは、食べているとイチゴを感じるかな。
酵母が隅々まで効いていて端の端までイチゴを感じます。
何かをサンドしてもOKだけれど、個人的にはこのまま食べたいパンでした。

タロー屋

あっ、ちなみにイートインできるパン屋さんに区分けしておりますが、
カウンターと向き合う感じでベンチがあってわつぃが言った時に親子連れの方が
食べていたので・・。がっつりイートインスペースがあるというワケではないのであしからず。

タロー屋


畑のコウボパン タロー屋
住所:埼玉県さいたま市浦和区大東2-15-1
電話番号:048-886-0910
営業時間:お取り置き受付日時
     土曜 9:00から9:30まで/11:00から売り切れまでの2回
     ※窓口販売は10:00オープンです。(売り切れ次第終了)
     その他、祝日など不定期での販売あり、HP確認
定休日:木曜日、土曜日のみ営業(HP確認要) 臨時休業もあります。