ブラックキャット@ベトナム(ホーチミン)


2012年、3月10日(土)~3月14日(水)ベトナムへ行ってきました。
この旅行の最大の目的は、現地のバインミーを食べること!

【バインミー】
フランス統治の置き土産のパン文化。べトナムではフランスパンをバンミー(北部ではバインミー)と呼び、
その場でパンをあぶってさまざまな具を挟み、サンドイッチ状にして出してくれる。

ブラックキャット

ベトナムとういうと首都のハノイと南部のホーチミンが都市部としては有名だけれど、
今回の旅行は南部のホーチミンに。乾季に入って毎日30度近い暑さで昼間歩くと汗ダラダラ。
夕方から夜にかけては、だいぶ暑さも落ち着くので旅慣れてきたらこの時間にも活動するといいかも。

ブラックキャット

宿泊していたシェラトンサイゴン@ドンコイ通りから程近い場所にあるブラック・キャット
アメリカ人がオーナーということもあり、現地の人というよりは西洋人や自分たちのような
観光客が多かったように感じます。店内もバインミーもどちらかというとアメリカナイズされた感じ。

ブラックキャット
チキンのバインミー。チキン=ヘルシーかなと思いきや、グリルされていて、
うーん、グリルされることによりよりチキンの味が濃くなってしまって、
他のトッピングの味が少し抑えられれてしまったように感じます。

私のおすすめオススメはポークのバインミー。
レバーペーストがたっぷり内側にぬられていて、キュウリ、ハム、ポーク。
こちらの方がより、ベトナムのバインミーに近い気がします。

パンはね、バゲットにイメージされるカリッ、サクッではなく、
サンドにして食べやすいように普通のフランスパンと比べると柔らかいのだけれど、
表面はサクサクしていてすっごい美味しい!!

全体的のボリューミーで、個人的にはもっとベトナムな野菜が入っていて欲しいですが、
ここはアメリカ人が経営するカフェなのだ!と思っていくと大満足できるお味かも。
一緒にビールが最高です(笑)